会計ソフトで人的ミスを防ぐ|企業の信頼性を守るアイテム

女性

業務フローとシステム

ウーマン

経費精算や社員情報の変更申請など、様々な申請と承認業務が企業には必要である。これらについて、ワークフローシステムを導入することで、システム上で行うことができる。パッケージシステムとして導入すると、低コストで導入できる。

詳しくはこちら

受付業務を低コスト化する

スーツの人達

秘書代行とはアウトソーシングサービスの一種で、企業等における電話対応を専門のサービス業者が代行するというものです。社内にスタッフを置くよりも低コストで利用することができるため、小規模事業者を中心に人気があります。

詳しくはこちら

デスクワークをこなせます

パソコンを操作するウーマン

秘書代行サービスの内容は、電話応対業務を主な内容として、専門業者によってサービス内容にも違いがあります。秘書代行サービスを実施する人材については、専門業者によってレベルアップされた人たちも存在します。専門業者を選択しながら、目的に沿った利用ができます。

詳しくはこちら

有効的な活用方法

男女

会議の議事録の取り扱い

ビジネスの場で会議は、経営層の意志決定に関する会議から、部内での情報の共有などに至るまで様々なものがあり、非常に重要な場面であることが多いです。時には、クライアントを交えて会議を行うこともあるでしょうし、毎回必ず全員が参加できるとは限りません。そこで活躍するのが議事録です。会議中に作成した議事録は紙ベースで補完されることがほとんどです。エクセルファイルなどで作った議事録もメールで関係者に配信するだけということが多くなっています。本来の意味で議事録は関係者全員が目を通すべきものです。そして閲覧した証跡を残すのが最もベストなのです。そしてこの議事録の回議についてもワークフローが活躍できる場面になります。ワークフローの活用のひとつの事例として使用されているのです。

議事録のシステム化

会議の決裁者が必ず出席しているとは限りません。そのため決裁者を含めて最終的にその会議の決定事項を承認する行為が必要になります。ワークフローシステムで作成した会議の議事録は、関係者に自動的に回議されます。そして関係者全員が承認しない限りその会議の決定内容は無効になるのです。会社法で定められた取締役会や株主総会などは議事録の規定が法律により定められています。そのため議事録の回議はきちんと執り行われているのですが、他の社内会議ではこれに則るケースは少ないことをワークフローシステムで改善させることができます。時間が掛かりすぎて効率の悪かった会議などを改善することで、コストの削減を図ることが出来るのです。コストカットが出来るものは何もワークフローだけではなく、会計ソフトもあるため導入すると良いでしょう。会計ソフトはどういったものを行なってくれるかと言うと名前の通り、会計に関することを行なってもらうことが可能です。経営資料なども簡単に作成することが出来るので、利便性に優れているといえるでしょう。