会計ソフトで人的ミスを防ぐ|企業の信頼性を守るアイテム

男性

受付業務を低コスト化する

スーツの人達

電話業務を外部に委託

近年では経費節減や業務の合理化を図るためさまざまな業務をアウトソーシングする企業が目立っています。そんなアウトソーシングサービスの中でも、比較的古い歴史を持っているのが秘書代行です。秘書代行とは企業等にかかってきた電話をサービス業者のオペレーターが代わりに受け、必要な応答を行うサービスをいいます。電話代行と呼ばれることもあります。厳密には電話代行の方がテレマーケティングなどより広い業務内容を含むのですが、ほとんど違いはありません。秘書代行の業務内容は多岐にわたりますが、基本となるのは伝言メッセージの受付です。ただし簡単な問い合わせへの回答やアポイントの確認などは、事前に打ち合わせた上でオペレーター自身が処理するケースもあります。

1人起業家などに最適

秘書代行の顧客は、従来は人件費の節減等を目指す一般企業がメインでした。しかし最近では、これに加えて開業間もない起業家などからのニーズも増加しています。たった1人で会社を興したりする昨今の起業家は、限られた経営資源を本来業務に集中させるために開業当初から積極的にアウトソーシングサービスを活用する傾向にあります。そうした人々にとって、秘書代行は非常に使い勝手の良いサービスです。大事な電話を逃すことなく、自らは安心して外回りなどに専念することができます。事業者の方も最近は業務内容を多様化させており、単純にメッセージを預かるだけでなく携帯電話に即時転送したり、メールでメッセージを送ったりといったサービスを実施しているところもあります。